//

石川さゆりがきらめく森繁久彌(ひさや)の船頭小唄ってどんな曲?サワコの朝で紹介!


サワコの朝2月25日放送にゲスト出演される石川さゆりさん。

石川さゆりさんといえば、「津軽海峡・冬景色」「天城越え」など何十年たっても愛され続けている名曲をお持ちですよね。

最近では、椎名林檎さんや奥田民生さんなど、演歌以外で活躍する歌手とのコラボを披露されているのが記憶にあたらしいです^^

アラサーの私は普段、演歌は聞かないんですが、石川さゆりさんが椎名林檎さんとのコラボ曲を歌っているのをたまたま聞いたときは
「これはなんだ?おもしろい!」
って感じで聞き入ってしまったことがありました♪

ただ、歌い手側の石川さゆりさんにとっては、勇気がいたのかなあ~とか、抵抗は無かったのかなあとか、新しいもの好きなのかな?とか色々考えて見てました^^

今週のサワコの朝では、そこのところについても石川さゆりさんが語られるようで楽しみです!

スポンサードリンク

石川さゆりさんのプロフィール!

芸名   石川さゆり
生年月日 1958年1月30日(59歳)
デビュー 昭和48年3月25日『かくれんぼ』
出身地  熊本県
血液型  A型
1973年「かくれんぼ」でアイドル歌手としてデビュー。
しかし、「花の中三トリオ」(森昌子・山口百恵・桜田淳子)の影に隠れた事もあってか、大きな人気を得るには至らなかった。

石川さゆりさんって歌唱力はもちろんすごいですが、とっても綺麗ですよね。
当時アイドルだったのもうなずけます!^^
1973年ってもしかして、ちびまる子ちゃんの年代でしょうか?
時々まるこちゃんがテレビに映ってる「ももえちゃん」を応援してますよね。
確かに石川さゆりさんが、ちびまる子ちゃんに出ているのを見たことないです。

1977年「津軽海峡・冬景色」で、大ブレイクを成し遂げ、数々の音楽賞を受賞、さらにNHK紅白へも初出場となった。

私の父はこの「津軽海峡・冬景色」が大好きで、カラオケでよく歌ってたんです。
小さい頃は分からずに父の歌声だけ聞いてたんですが、その後、石川さゆりさんの歌声をはじめて聞いたときは、父がとんでもない音痴だということがよくわかりましたw
それと同時にプロってすごいなって当時子供ながら思いましたw

1980年代に「波止場しぐれ」「天城越え」「夫婦善哉」「滝の白糸」「風の盆恋歌」などと順調にヒット曲を世に送り出し、日本を代表する女性演歌歌手の一人となった。

2017年の今も変わらず日本を代表する演歌歌手の一人ですよね。
27年くらい代表ってすごいですね。すごすぎます!!

スポンサードリンク

森繁久彌(ひさや)さんの船頭小唄ってどんな曲?

石川さゆりさんの「記憶の中で今もきらめく曲」は、森繁久彌さんの「船頭小唄」。
動画を見つけたのでアップしときますね!

まとめ

日本を代表する演歌歌手の一人、石川さゆりさん。
抜群の歌唱力と長年愛され続けている名曲を持っているにもかかわらず、新しいことに挑戦されるなんて、粋で格好いいですよね。(しかも美人!)
今後も名曲や、椎名林檎さんなどの歌手とのコラボ曲の両方を聴いていきたいです♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。