おやすみ王子第2夜のネタバレ!再放送はいつ?

第二夜は、第一夜の大人っぽいお話しとはうって変わって雛ちゃんという幼い女の子のお話し。

ほっこり暖かい気持ちになります。

 

第二夜  青々   森 絵都

その日を境に、雛ちゃんは、すっかり青色が嫌いになってしまいました。
その朝、幼稚園に青い服を着ていった雛ちゃんを見て、同じ月組の女の子たちが、「やだ、雛ちゃん、男の子の色着てる」「青は男の子の色だよ」と、口々にはやしたてたのです。
「ママ。雛ちゃん、もう青い服は着ない!」家へ帰るなり、雛ちゃんは宣言しました。
「青い靴もはかない! 青い傘もささない!」

いったん青が嫌いになると、それはもう、どんな青も小憎たらしく思えてくるものです。
青いリボンもいや。青い鉛筆もいや。青いお弁当箱もいや。
雛ちゃんは自分のまわりから、どんどん青を追い払っていきました。
青い水玉の毛布もいや。青い表紙の絵本もいや。ハサミの取っ手の青いところもいや。
とうとう、青空までも「いやいや」と、天気のいい日は家から出なくなりました。

困ってしまったのは、パパとママです。言いだすときかない娘に手を焼いた二人は、いったい、どうすれば雛ちゃんがまた青を好きになってくれるのか、頭をしぼったあげくに、助っ人の力を借りることにしました。

まず、家へ呼んだのは漁師さんです。
「雛ちゃん、船からながめる海は最高だよ。青い青い海。あんなに雄大な色はない」

漁師さんは言葉を尽くして青を褒めたてましたが、雛ちゃんはいやいやと首をふりました。
「雛ちゃん、青い海なんて嫌い!」

つぎに呼んだのは宇宙飛行士さんです。
「雛ちゃん、宇宙からながめる地球は格別だよ。青い青い星。あれほど感動的な色はない」

宇宙飛行士さんも力のかぎりに青を称えましたが、雛ちゃんはいやいやと耳を塞ぎました。
「雛ちゃん、青い地球なんて嫌い!」

最後に呼んだのは、いつも雛ちゃんをかわいがってくれる、近所の青木さんです。
「雛ちゃんとわしゃ、大の仲良しじゃ。青が嫌いだなんぞ、どうか言わんでおくれ」

青を代表して青木さんが握手を求めても、雛ちゃんはいやいやと手を隠しました。
「雛ちゃん、青木のおじいちゃんは大好きだけど、おじいちゃんの名前は嫌い!」

こうなると、もうお手上げです。パパはすっかり諦め顔で、「大人になったら、また変わるさ」と、未来へ望みを託したようですが、ママは、そんなに呑気ではいられません。
もし、大人になっても雛ちゃんが青を嫌いなままだったら、どうしましょう。
青のない世界で、雛ちゃんはどんな人生を送るのでしょう。
たとえば、初めてのデートで観覧車に乗るとき、長い長い行列に並んだあげく、ようやく雛ちゃんの前に止まったゴンドラが、よりによって青だったら……。
そんな想像をするだけで、ママの胸は苦しくなるのです。

ああ、どうすれば雛ちゃんが青と仲直りをしてくれるのでしょう。
この世界を豊かに照らすいろいろな色を、雛ちゃんには、一色残らず喜びとして生きてほしいのに。

悩みに悩んだ末、ママは、ついにある事を思いつきました。
「雛ちゃん、見て」。その夜、雛ちゃんと一緒のお布団に入ってから、ママは片方の手をそっと持ちあげて、天井の明かりにかざしました。
その手の甲には青い血脈が透けています。
「やだ、青い!」。
顔をそむけた雛ちゃんに、ママは優しく言いました。
「この青い血は、ママが生きてる証拠だよ。ママの命の色。雛ちゃん、嫌い?」

雛ちゃんは大きく目を広げました。
まじまじと、ママの手を見つめます。
とくとくと、命の音が聞こえてくるようです。
「ママ、ママ」。
雛ちゃんの小さな掌が、ママの手にそっと触れました。
「……雛ちゃん、青が嫌いじゃない」

ママに抱かれて眠った次の朝、雛ちゃんは青い青い空を見上げて、ふわあ、と大きなあくびをしました。

 

再放送はいつ?

年明けの深夜に放送されるようです。
年明けということでクリスマス特別版は放送されないようですね。。

NHK Eテレ
「第1夜 山田詠美」  2017年1月2日(月)午前2時30分~午前2時37分
「第2夜 森絵都」   2017年1月3日(火)午前2時10分~午前2時17分
「第3夜 村田沙耶香」 2017年1月4日(水)午前2時20分~午前2時27分
「第4夜 宮下奈都」  2017年1月5日(木)午前1時50分~午前1時57分

まとめ

大人達が雛ちゃんを心配してあれこれ説得しようとするところは、淡い色を基調とした絵本のように優しい光景が目に浮かびます(o^^o)

でも、どうしても雛ちゃんは青いが嫌いなまま。

最後にママの手の甲の青い血脈をみせるところは、急にリアルな光景にもどります。

ママの手の甲に触れて、青が嫌いでは無くなるシーンでは、娘がいる私にとってはほっこり暖かいというよりも、うるっとくるものがありました(笑)

雛ちゃんにとって青はお母さんのイメージ色になったかもしれませんね。朝、青い空を見て、ほっとして、リラックスできて、自然とあくびがでてしまう・・。

ステキな物語でした(o^^o)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。